1. サービスまたはレシーブ、エンドを選択するトスはジャンケンとする。
  2. ウォーミングアップは合計2本のサービス練習とし、レシーバーはそのサービスを返球できる。
    ラリーは行わない。
    ※ 参加人数により変更する場合があります。
  3. スタンダード・ゲームは、ノーアドバンテージ方式を採用し、デュース(40-40)となった場合、次の1ポイントを先取した側がそのゲームを取得する。
    その際、レシーバーがレシーブサイドを選択する。
  4. タイブレーク・ゲームは7ポイント先取とし、予選・決勝戦ともに競技規則に準じて、6-6になった場合は2ポイント差がつくまで行う。
    ※ 参加人数により変更する場合があります。
  5. エンドの交代
    • B1クラス
      決勝戦以外の試合は、エンドの交代は行わない。
      決勝戦は競技規則に準じ、奇数ゲーム終了後、ならびにタイブレーク・ゲームで両者のポイント合計が6の倍数に達したときに行なう。
    • 弱視クラス
      予選・決勝戦ともに競技規則に準じ、奇数ゲーム終了後、ならびにタイブレーク・ゲームで両者のポイント合計が6の倍数に達したときに行なう。
  6. 準決勝戦を行う場合は、そのクラスのエントリー数に応じて試合方法などを決定する。
  7. 本大会においてはコーチングを可とするが、インプレー時は不可とする。
  8. 服装は、テニスにふさわしいスポーツウェアを着用し、シューズは床を傷めないものとする。
    ※ 体育館は土足禁止です。
  9. 体育室内での食事は禁止されています。
    昼食は食堂または二階観覧席などをご利用ください。