平成26年3月30日、佐賀市立体育館(佐賀市本庄町)にて、ブラインドテニス体験会が開催されました。
主催は佐賀県視覚障害者団体連合会で、中国地域協会からは2名の理事が伺いました。

今回はサークル発足を目標に、昨年に引き続いて2度目の体験会ではありましたが、福岡ラビットのみなさんにも応援に来ていただき、視覚障害者20名、ボランティア・サポート17名と多くの方が参加してくださいました。

昨年の体験会で興味をもたれ、福岡まで毎月練習に行かれているという方もおられましたし、特別支援学校の先生が体育の授業に取り入れたいと、今回も参加してくださいました。
その先生は視覚連青年部の部長もされているとのことで、秋にはブラインドテニス体験会を実施予定であるなど、1年を経て着実に佐賀にブラインドテニスが根付いてきていることを実感することができました。
また、サポートも充実しており、車椅子テニスのコーチをされている方や、マラソンで伴走をされている方など、日ごろからテニスや視覚障害者に携わっていただいている方がほとんどで、体験会の中でもちょっとしたアドバイスをされると、レシーブがネットを越えるようになったりサーブが入るようになるなど、体験者の方々もとても嬉しそうでした。
中には、全盲の女性の方ではありましたが、ボールを追いかけるのに夢中になり、回転レシーブが飛び出るなど会場から拍手喝采で、大変な盛り上がりでした。

コートが2面とれたので、初めての方も2度目の方もしっかりとボールを打ってもらうことができたのではないかと思います。
また、来年度の体験会候補地であります大分県の方にも声をかけていたところ、ご家族と一緒に参加してくださり、大分でも絶対にやりたいと言っていただきました。

体験会終了後、みなさん口々にまたやりたいとの声があがり、この度主催でもありました視覚連の会長さんが手をあげてくださいまして、次回の練習日も決定。今後も継続して練習をしていくとのことでした。

福岡でもそうでしたが、佐賀でもサポートのみなさんが大変協力的で熱い方が多く、特に車椅子テニスのコーチの方が言われていたことがとても印象的で、見える人にも「ボールの音を感じろ!」とアドバイスをするのだそうです。

「見える見えないにかかわらず、ともにスポーツを楽しみましょう」との暖かいメッセージをいただきました。
実り多き体験会でありましたこと、このような出会いをいただきましたことに感謝申し上げます。

以下、佐賀体験会の実施要綱を貼り付けます。

  1. 日時
    平成26年3月30日(日)
    13:30~16:10
    ※お手伝いいただくボランティアの皆様、また、準備をしていただく方は、13時までに現地へお願いします。
    13時より準備に取り掛かりたいと思っています。
  2. 場所
    佐賀市立体育館
    所在地 佐賀市本庄町大字本庄299番地
  3. 電話番号
    0952-40-0101(FAXも同番号)
    URL http://www.city.saga.lg.jp/contents.jsp?id=1418
    バス 佐賀駅バスセンター4番乗り場より西与賀線で、本庄公民館下車。 バス代は、大人260円です。 12時と13時があります。
    下車後、少し戻って、押しボタン識の信号機の横断歩道を渡り、路地を直進します。
    路地の右側に、簡易の歩道があります。 道路を隔てて左側に建物が見えて来ます。 点字ブロックも、音響式信号もありません。
  4. 参加費
    無料
  5. 持ち物等
    体育館シューズや飲み物、タオルなどをご持参ください。
  6. 主催
    一般社団法人佐賀県視覚障害者団体連合会
  7. 講師
    中国地域ブラインドテニス協会
  8. 協力
    福岡県のブラインドテニス・サークル「ラビット」
  9. 協賛
    花王株式会社花王ハートポケット倶楽部
  10. お問い合わせ
    森きみ子 (以下省略)